大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2009年02月27日(金)更新

コムMAGA vol.147

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  情報発信する経営者をサポートするメルマガ
 ────────────────────────────
         経営者会報ブログ COMM-unicative MAGA-zine vol.147
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  http://gate.keikai.topblog.jp/


【任せてみるものですね~】

みなさん、こんにちは。
経営者会報ブログ編集部の大西です。

今週は、手前味噌な話題から入ることをお許しください。

当ブログの名物企画「明大生との毎週一問百答」を、新編集部員大久保に任
せてから1か月が経ちました。

彼はもともとシステムエンジニアでして、文章を書くのはあまり得意ではあ
りません。入社以来2年間、簡単なメール文を含めて書き方のルールや文章
表現について、何度も注意をしてきました。

だいぶ進歩してきましたので、思い切って「一問百答」を任せてみました。
立ち上げから3年近く続けてきた、思い入れのある企画です。「大久保が書
いて、社長さんたちが答えてくれるのか」という一抹の不安と、「オレが書
かなきゃダメなんじゃないか」という秘かな自信が入り混じった、複雑な心
境でした。

ところが、ふたを開けてみると、大久保流の一問百答が見事にできあがって
います。質問の導入部分など、いろいろと工夫の跡も見えますし、会員のみ
なさまからの回答の集まりも上々です。私が担当した最後のほうより、反応
はむしろよくなっています。これはうれしい誤算でした。

先日、別のプロジェクトでご一緒している方から、こんなことを言われまし
た。

「あなたは仕事を抱え込みすぎる。自分ひとりでやっている限りは、今以上
のものは生まれない。そのうえ、消耗していくだけですよ」

耳の痛い、しかしとても有難い助言でした。こと編集の仕事に関しては「押
し付け上手」と周囲から揶揄される私ですが、最近は抱え込む悪いモードに
ハマっていたようです。

振り返ると、周囲に任せたらうまくいきそうな仕事はほかにもたくさんあり
ます。「会社をよくしたい」という思いは誰にも負けないつもりでしたが、
本当によくしたいなら、スタイルを大きく変える必要がありそうです。

そのほうが、ラクになるし、いい結果を生み出せそうな確信も出てきました。

まだまだリーダーとして未熟な私です。経営者会報ブロガーのみなさまに、
仕事の任せ方をぜひ、学びたく思っています。

これより、「経営者会報ブログ」コム第147号をお届けいたします。


=================◇INDEX◇===================

 <必読! ブロガーズNEWS>
 (1)【e-マガジン 月刊『貯徳時代』】
     キャンペーンのご案内です

 <編集部からのお知らせ>
 (2)【明大生との毎週一問百答】
     第136弾は「現役経営者の視点でみる起業」について
 (3)今週の“ブログ PICK UP”
    【京都工芸の寺田元さん】
 (4)今月のお題
    「当たり前だけど大切にしていること」
 (5)今週のお題
    「男子は本当に『草食化』しているのか?」
 (6)編集記者・酒井の
    「こんな社長さんに会ってきました!」
 (7)経営者会報アーカイブ

 <事務局からのお知らせ>
 (8)連載・事務局Present's
    経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第92回‥∵‥∵‥∵‥∵
    ウケる芸、受け・止める力 (4) 縁から滲み出る信用力
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  必読! ブロガーズNEWS  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【e-マガジン 月刊『貯徳時代』】
│1│  キャンペーンのご案内です
└─┘─────────────────────────────── 

月刊『貯徳時代』という雑誌があります。最近増えてきた「e-マガジン」と
いう形式の会員制雑誌です。

この雑誌のコーディネーターを務めておられるのが、日本一の大投資家・竹
田和平氏。上場企業株約100社を超える大株主であり、個人資産数100億円と
いわれる和平氏が毎号“旬な人”と対談する「竹田和平の旦那部屋」が、
この雑誌の売りの一つとなっています。

これまで登場された方は、『鏡の法則』野口嘉則さんをはじめ、鍵山秀三郎
さん、浅見帆帆子さん、山崎拓巳さんと、いずれもベストセラー作家ばかり。

そのほかにもユニークな企画記事が盛りだくさんです。

タイトルになっている「貯徳」とは、竹田和平さんが創作された言葉。これ
からは心を豊かにし与える生き方、つまり貯徳(徳を貯める生き方)をする
ことで真に幸せに豊かになる時代になる。というメッセージが込められてい
ます。

編集長の山本時嗣さんは通称「時ちゃん」といって、出版業界ではたくさん
の新人をプロデュースされており、日ごろより懇意にさせていただいている
ご縁で、同誌のキャンペーンについてご案内させていただきます。

年間購読制の月刊『貯徳時代』では、バックナンバー3号分の無料贈呈をは
じめとする「豪華9大特典」を用意したキャンペーンを実施中です。期間は
28日(土)まで。月刊購読料770円という、破格の値段になっています。

興味のある方は、ぜひ下記URLよりチェックしてください!
 http://www.da-na.jp/

                         (事務局・大西啓之)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  編集部からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【明大生との毎週一問百答】
│2│  第136弾は「現役経営者の視点でみる起業」について
└─┘─────────────────────────────── 

毎週、経営者ブロガーのみなさまにご協力をいただいている【明大生との毎
週一問百答】は、「経営者会報ブログ」プロデューサー・久米信行さんの明
治大学商学部講義「ベンチャービジネス論(前期)/起業プランニング論(後
期)」とのコラボ企画です。

※久米さんの講義ブログはこちら:http://blog.canpan.info/meiji_venture/

ひと昔前は、「オレ、就職せずに起業する」というと、「それって、どこか
らも内定がもらえなかったから?」と揶揄されるのが相場でしたが、ここ近年
は「卒業→即起業」という流れも、さほど珍しいことではなくなりました。

しかし、社会経験が乏しく、「起業」という華やかなイメージしか見ていなか
ったがために、あっさりと騙される学生も多いようです。「かながわ中央消費
生活センター」のサイト上では、「起業を売り文句に若者をねらったマルチ商
法にご注意!!」として、警告が掲載されています。
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/syohi/chuou/sodan/chui/chui080717.html

今回は、起業を志望する学生さんからの質問をいただきました。はたして、
現役経営者の目には「卒業後、即起業」という行動が、どのように映ったので
しょうか?

<質問>──────────────────

 起業します! 個人事業ですが、
 正直怖いです。不安です。
 経営者のみなさまが起業するときに
 気をつけていたこと、失敗したこと
 アドバイスなどありましたらお願いします。

       (明治大学商学部 大塚晴香さん)


 起業するきっかけとタイミングについて、
 経営者のみなさまはどのように決断し、
 実行に移したのでしょうか?
 
       (明治大学商学部 小園祐史さん)

──────────────────────

▼質問内容の詳細はこちら▼
 http://editors.keikai.topblog.jp/blog/g/10013205.html


2月26日(木)14時現在で、4名の方が回答を寄せてくださっています。
それぞれ抜粋してご紹介しましょう。

▼井寄事務所 井寄代表▼
 http://iyori.keikai.topblog.jp/blog/102/10013213.html
「はっきり言います! 私の感じることなので他の経営者のみなさんはどう
お考えかわかりませんが・・ 起業するなら会社に最低3年は勤めるべき!」

▼教育基礎研究所 中川社長▼
 http://kisoken.keikai.topblog.jp/blog/10013216.html
「でも、怖がっていては、何も解決しません。
 幸い、在庫を抱えてどうしよう・・・。仕事が無いのに、社員に給料を払
わなければ・・・。事務所の家賃をどうやって払おう・・・。
 というような切実かつ悲惨な問題を抱えていないわけですから(今のとこ
ろは)、一番怖いものが無い状態、ということが言えるのではないでしょう
か。」

▼横山工藝 横山社長▼
 http://yokoyama.keikai.topblog.jp/blog/109/10013239.html
「詳しくはいよりんさんのブログを再読いただくとして、私も同感です。」

▼京都工芸 寺田社長▼
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/b/10013305.html
「是非、早いも遅いもありません。気持ちをしっかりと持って、起業して欲
しいと心から願っております。ひとつだけ忠告するなら、知らないことは知
らないとしっかりと言って教わることです。恥ずかしいと思わずに、聞く勇
気。」

         -●-          -●-

過去、何回か採りあげたことのある質問ですが、今回は大きく2つに分かれ
ました。簡単に集約すると、

「まず、『会社員』としての立場を経験するほうがいいのでは」(井寄代表・
横山社長)
「失敗しなければ成長できない。まずはやってみることが大事」(中川社長・
寺田社長)

といったところでしょうか。

いずれをみても、質問者のお二人のことを我が事のようにとらえ、深く考え
てくださった回答なのだと思います。

最終的にどちらの方向性でいくかは、大塚さん、小園さんの判断がすべてで
しょう。そこには、「どちらが正しい」という二者択一は当てはまらないので
はないでしょうか。


本企画は明大生以外の学生さんはもちろん、一般の方からの質問も大歓迎で
す。
「現役経営者に、ぜひこれを聞いてみたい!」
というテーマがありましたら、下記のメールアドレスまでご一報ください。

〔送信先〕→ blog@njg.co.jp

みなさま、何とぞよろしくお願い致します!

                                  (編集部・大久保陵滋)



┌─┐
│3│ 今週の“ブログ PICK UP”
└─┘───────────────────────────────

このコーナーでは、日々、経営者のみなさんの書かれたブログを雑誌「月刊
経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。

今回のお薦めブログは、京都工芸の寺田元さんです。
 
 *      *      *

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

私:「あと1ヶ月やな・・・」 年のせいか涙もろくなりかけていると

女房:「あんた、気が早いねん!」 っと返ってきた。 その通りかもしれな
い。
 
■続きはこちら >>>
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/126/10013350.html
■京都工芸 ホームページはこちら >>>
 http://www.makasetaro.com/

 *      *      *
 
私は寺田さんは、立派な経営者であるだけでなく、「詩人」でもあると思いま
す。お子さんの成長の日々、お父さんとしての思い……。短い記述のなかに、
すべて織り込まれていて、鼻の奥がつんとしてきました(私も歳とともに涙も
ろくなっていて、こういう記事にはとても弱いのです)。とくに最後のワンフ
レーズは、僭越ながら、秀逸です。
 
私がああだこうだ書くのも野暮ですので、このくらいにしておきます。寺田さ
んの記事をぜひご覧ください。
 
寺田さん、ありがとうございました!

                                   (編集部・酒井俊宏)



┌─┐
│4│ 今月のお題 (2月20日~3月19日)
└─┘───────────────────────────────

【当たり前だけど大切にしていること】

こういう時期は基本が大事、と多くの人が言います。たしかにその通りかと
思いますし、財布のひもがきつくなった顧客(一般消費者も企業も)に選ば
れるのは、実は意外に、そういうところで差がつくのかもしれません。
 
3Sなどの「凡事徹底」や朝礼などの具体的な取り組みや、社員のみなさん
に常日頃、行動の指針として、徹底しておられることや、この時期、改めて、
見直したいと考えている、「当たり前」のことを、ぜひブログで綴ってみて
ください。みなさまのご意見が、他の会員さん、読者のかたにとっても、思
わぬヒントになるかもしれません。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│5│ 今週のお題(2月27日~3月5日)
└─┘───────────────────────────────

【男子は本当に「草食化」しているのか?】

昨今、生身の女性に興味をもたない、もっていても非常に受け身な男子を「草
食系男子」と呼び、増殖傾向にあると言われています(それを狙う女子を「肉
食系女子」と呼ぶそうです)。
 
実際、私(=酒井)が職場など周囲を見渡すと、「うーん、たしかに」と感じ
させられるサンプル男子も約一名います。みなさまの周囲ではいかがでしょうか?
科学的、文学的考察も織り交ぜて、可能な範囲でご自身の経験などもご披露
いただきつつ、ぜひ、肉食系(男女問わずみなさんパワフルなので)の社長の
みなさまにブログで綴っていただきたいと思います。

 *「今週のお題」「今月のお題」について、ブログでお書きになった方は、
お手数ですが、編集部ブログの「今週のお題」「今月のお題」のそれぞれ最新
記事にトラックバック下さるか、コメントで「○月○日の記事で書きました」
とお知らせ下さいますよう、お願い致します。できましたら、他の読者の方が
すぐジャンプできますので、トラックバックを貼って下さい。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│6│ 編集記者・酒井の「こんな社長さんに会ってきました!」
└─┘───────────────────────────────

経営者会報編集部・酒井が社長さん・識者のかたに取材させていただいた際
に感じたこと、感心したことなどを中心に綴っています。
 
 http://sakai.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│7│ 経営者会報アーカイブ
└─┘───────────────────────────────

過去の経営者会報のアーカイブを更新しています。

・経営者が選んだ名言
 http://kotoba.keikai.topblog.jp/

・異能経営者がゆく!
 http://inou.keikai.topblog.jp/

・シリーズ告白
 http://kokuhaku.keikai.topblog.jp/

・経営者会報ブロガーのご紹介
 http://toujyou.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  事務局からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐  経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第92回 ‥∵‥∵‥∵‥
│8│  ウケる芸、受け・止める力 (4) 縁から滲み出る信用力
└─┘───────────────────────────────

東京はすっきりしない日が続く、弥生前です。

経営者会報ブログにご縁のあるみなさま、こんばんは。
事務局の津田博史です。

この2週間ほど、平日の朝ランがすっかりご無沙汰で、
自分の意志薄弱さを噛み締めております。
朝起きたときに、スイッチ入れないと。

さて、経営者会報ブロガーのコメントの達人を
ご紹介しているシリーズの最終回は、
経営者会報ブロガーのご縁の深さを感じた2つの記事を
ご紹介させてください。

まず一つ目は、
経営者会報ブログのモデレーター的存在、
久米繊維工業の久米社長のこの記事。

 http://kume.keikai.topblog.jp/blog/102/10013355.html

「人生の恥はかき得」という久米さんのお話が、
『職場の教養』2月号に掲載されているということを、
共に朝礼で『職場の教養』を読んでおられる、
レーザーテックの浜野社長と枚岡合金工具の古芝社長からの
メールで知った、という経緯に、
経営者会報ブロガーのみなさんの、
日常的な実践の倫理性やアンテナの高さを強く感じるとともに、
経営者会報ブログの「コミュニティ力」を感じました。

2つ目が、レーザーテック浜野社長が、
『創意とくふう』3月号に、
古芝社長の本が紹介されていたことを書いてくださったこの記事です。

http://lasertech.keikai.topblog.jp/blog/114/10013376.html

経営者会報ブロガーのみなさんの
各所でのご活躍が、相互のご紹介で広がっていくのは、
本当に有り難いことだと思います。

何ものにも変えがたい、相互信用が
経営者会報ブログという場からも、
じわっと、出来てきているのだなぁと思い、
運営サイドの人間としても、感無量です。

今週も失礼いたしました。
来週もよろしくお願いいたします。

                                   (事務局 津田博史)



========◆「経営者会報ブログ」関連URL◆========

   ▼「経営者会報ブログ」TOP▼
    http://gate.keikai.topblog.jp/
   ▽事務局ブログ▽
    http://office.keikai.topblog.jp/
   ▽編集部ブログ▽
    http://editors.keikai.topblog.jp/
   ▽テストマーケティング研究所▽
    http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html
   ▽会員お問合わせフォーム▽
    https://form.topblog.jp/otoiawase/index.php

===========================================

2009年02月23日(月)更新

コムMAGA vol.146

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  情報発信する経営者をサポートするメルマガ
 ────────────────────────────
         経営者会報ブログ COMM-unicative MAGA-zine vol.146
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  http://gate.keikai.topblog.jp/


=================◇INDEX◇===================

 <必読! ブロガーズNEWS>
 (1)【e-マガジン 月刊『貯徳時代』】
     キャンペーンのご案内です

 <編集部からのお知らせ>
 (2)【明大生との毎週一問百答】
    第135弾は「メンタルヘルス対策」について
 (3)今週の“ブログ PICK UP”
    【三和メッキ工業の清水栄次さん】
 (4)今月のお題
    「当たり前だけど大切にしていること」
 (5)今週のお題
    「『これだけは言わない』と心に決めている言葉は?」
 (6)編集記者・酒井の
    「こんな社長さんに会ってきました!」
 (7)経営者会報アーカイブ

 <事務局からのお知らせ>
 (8)連載・事務局Present's
    経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第91回‥∵‥∵‥∵‥∵
    ウケる芸、受け・止める力 (3) 力を蓄えてくれるもの
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  必読! ブロガーズNEWS  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【e-マガジン 月刊『貯徳時代』】
│1│  キャンペーンのご案内です
└─┘────────────────────────────────────────────

月刊『貯徳時代』という雑誌があります。最近増えてきた「e-マガジン」ス
タイルの会員制雑誌です。

この雑誌のコーディネーターを務めておられるのが、日本一の大投資家・竹
田和平氏。上場企業株約100社を超える大株主であり、個人資産数100億円と
いわれる和平氏が毎号“旬な人”と対談する「竹田和平の旦那部屋」が、こ
の雑誌の売りの一つとなっています。

これまで登場された方は、『鏡の法則』野口嘉則さんをはじめ、鍵山秀三郎
さん、浅見帆帆子さん、山崎拓巳さんと、いずれもベストセラー作家ばかり。

そのほかにもユニークな企画記事が盛りだくさんです。

タイトルになっている「貯徳」とは、竹田和平さんが創作された言葉。これ
からは心を豊かにし与える生き方、つまり貯徳(徳を貯める生き方)をする
ことで真に幸せに豊かになる時代になる。というメッセージが込められてい
ます。

編集長の山本時嗣さんは通称「時ちゃん」といって、出版業界ではたくさん
の新人をプロデュースされており、日ごろより懇意にさせていただいている
ご縁で、同誌のキャンペーンについてご案内させていただきます。

年間購読制を基本とする月刊『貯徳時代』では、バックナンバー3号分の無
料贈呈をはじめとする「豪華9大特典」を用意したキャンペーンを実施中で
す。期間は28日(土)まで。月刊購読料770円という、破格の値段になってい
ます。

興味のある方は、ぜひ下記URLよりチェックしてください!
 http://www.da-na.jp/
                                        
                         (事務局・大西啓之)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  編集部からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【明大生との毎週一問百答】
│2│  第135弾は「メンタルヘルス対策」について
└─┘────────────────────────────────────────────

毎週、経営者ブロガーのみなさまにご協力をいただいている【明大生との毎
週一問百答】は、「経営者会報ブログ」プロデューサー・久米信行さんの明治
大学商学部講義「ベンチャービジネス論(前期)/起業プランニング論(後期)」
とのコラボ企画です。

※久米さんの講義ブログはこちら:http://blog.canpan.info/meiji_venture/

「春一番」が全国のそこかしこで吹くなど、寒さも緩みつつある今日この頃で
すが、実は環境に変化のある時期というのは、心のバランスを崩しやすい時期
といわれています。

特に、季節的には寒い時期から少しずつ暖かくなる時期なので、活動はしやす
くなっても「何となくだるい」と、心身の不良を感じやすい時期です。また、
人によっては花粉症の影響もあるため、というのがその理由だそうです。

そこで今回は、広い意味での「メンタルヘルス」についての質問を取り上げ
てみました。

<質問>──────────────────────

 御社で取り組んでいる、メンタルヘルス対策などが
 ありましたら教えてください。

          (明治大学商学部 安齋修平さん)

──────────────────────────

▼質問内容の詳細はこちら▼
 http://editors.keikai.topblog.jp/blog/g/10013062.html

2月20日(金) 12時現在で、3人の方が回答を寄せてくださっています。

▼コクホー 庄山社長▼
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/102/10013102.html

▼京都工芸 寺田社長▼
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/b/10013084.html

▼小高莫大小工業 小高社長▼
 http://next30.keikai.topblog.jp/blog/102/10013172.html

その中から、京都工芸・寺田社長の記事をご紹介しましょう。

         -●-          -●-

例え、ネタがマンネリ化していくのは当然でしょうが、そこに周囲の社員か
らどれだけ、その言葉から、会話がコミュニケートしていけるかが、大事で
す。

聞いてもらえる仲間がいる。1人でない。 そして、一緒に発言することへ
加わることが、聞き手のポジションです。

(中略)

他の職場の、同じように悩んでおられるその方々とよく会話をともにして、
共感します。こんな方もいるんだと励まされます。
でも、正常な方が、同じ症状にならないと分からない苦痛に一緒に苦しんで
あげる必要はないと思います。
自分までつらくなってしまい、逆に腹立たしくなりますからね。

人間の身体は正直に出来ています。
全てが受け入れられるきっかけが遅かれ早かれ何かのきっかけで訪れます。
間違いなくです。 誰にでもです。

私もそう思って、自分を受け入れています。

 *      *      *

昨年12月、「10年来の夢であった、奥様と走るホノルルマラソン」について
記事を書かれた際、寺田社長はご自身のパニック障害についてカミングアウ
トされています。

=====
「パニック症候群発生 いざ、ホノルルマラソン、そこまでの道のり」
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/102/10012138.html
=====

そして、見事に完走されました。

=====
「ホノルルマラソンへの感謝4 自然と食料、人に感謝」
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/102/10012187.html
=====

寺田社長の記事に対する、私からの野暮なコメントは不要でしょう。
スペースの都合上、抜粋で紹介いたしましたが、当事者でなければ知りえな
い重みを、今回の回答やホノルルマラソンについての記事から、ぜひ、感じ
てください。

本企画は明大生以外の学生さんはもちろん、一般の方からの質問も大歓迎で
す。
「現役経営者に、ぜひこれを聞いてみたい!」
というテーマがありましたら、下記のメールアドレスまでご一報ください。

〔送信先〕→ blog@njg.co.jp

みなさま、何とぞよろしくお願い致します!

                                  (編集部・大久保陵滋)


┌─┐
│3│ 今週の“ブログ PICK UP”
└─┘────────────────────────────────────────────

このコーナーでは、日々、経営者のみなさんの書かれたブログを雑誌「月刊
経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。

今回のお薦めブログは、三和メッキ工業の清水栄次さんです。
 
 *      *      *

はい。大阪におります。
なんと弊社が「関西IT百選」の優秀賞を頂きました!!!!
ありがとうございます。
嬉しいです。
 
■続きはこちら >>>
 http://sanwa.keikai.topblog.jp/blog/10013253.html

■三和メッキ工業 ホームページはこちら >>>
 http://www.sanwa-p.co.jp/

 *      *      *
 
関西IT活用百選の優秀賞を、三和メッキ工業さんが受賞されました!
おめでとうございます! 短いコメントのなかにも、清水さんのお喜びのご
様子がうかがえます。
 
しかも、京都工芸さん、治部電機さんと、経営者会報ブログ会員さんの会社
が計3社も入賞されました。枚岡合金工具の古芝さんが、ご紹介くださって
います。こちらもぜひご覧ください。

■古芝さんのブログ >>>
 http://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog/a/10012694.html

すごい人たちに集まっていただいているのだな、と改めて思います。今回受
賞されたかたはもちろん、すべての会員のみなさまに、深く感謝申し上げま
す! 
 
                                   (編集部・酒井俊宏)

┌─┐
│4│ 今月のお題 (2月20日~3月19日)
└─┘────────────────────────────────────────────

【当たり前だけど大切にしていること】

こういう時期は基本が大事、と多くの人が言います。たしかにその通りかと
思いますし、財布のひもがきつくなった顧客(一般消費者も企業も)に選ば
れるのは、実は意外に、そういうところで差がつくのかもしれません。
 
3Sなどの「凡事徹底」や朝礼などの具体的な取り組みや、社員のみなさん
に常日頃、行動の指針として、徹底しておられることや、この時期、改めて、
見直したいと考えている、「当たり前」のことを、ぜひブログで綴ってみて
ください。みなさまのご意見が、他の会員さん、読者のかたにとっても、思
わぬヒントになるかもしれません。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│5│ 今週のお題(2月20日~26日)のお題
└─┘────────────────────────────────────────────

【「これだけは言わない」と心に決めている言葉は?】

以前、取材をさせていただいた、ある経営者のかたは、社員に対し、「それ、
前にも言ったからな」ということだけは言わないようにしているとのこと。
むしろ「社長、それ前にもお聞きしました」と言われるくらい、同じことを
何度も、繰り返し訴える、とおっしゃっていました。
 
社員のかたに対してとは限らず、このように、「こういう物言いだけはしない」
「この言葉だけは絶対に使わない」と心に決めている、言葉、態度がもしあり
ましたら、ぜひブログで綴ってみてください。

 *「今週のお題」「今月のお題」について、ブログでお書きになった方は、
お手数ですが、編集部ブログの「今週のお題」「今月のお題」のそれぞれ最新
記事にトラックバック下さるか、コメントで「○月○日の記事で書きました」
とお知らせ下さいますよう、お願い致します。できましたら、他の読者の方が
すぐジャンプできますので、トラックバックを貼って下さい。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│6│ 編集記者・酒井の「こんな社長さんに会ってきました!」
└─┘────────────────────────────────────────────

経営者会報編集部・酒井が社長さん・識者のかたに取材させていただいた際
に感じたこと、感心したことなどを中心に綴っています。
 
 http://sakai.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│7│ 経営者会報アーカイブ
└─┘────────────────────────────────────────────

過去の経営者会報のアーカイブを更新しています。

・経営者が選んだ名言
 http://kotoba.keikai.topblog.jp/

・異能経営者がゆく!
 http://inou.keikai.topblog.jp/

・シリーズ告白
 http://kokuhaku.keikai.topblog.jp/

・経営者会報ブロガーのご紹介
 http://toujyou.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  事務局からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐  経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第91回 ‥∵‥∵‥∵‥
│8│  ウケる芸、受け・止める力 (3) 力を蓄えてくれるもの
└─┘────────────────────────────────────────────

経営者会報ブログにご縁のあるみなさま、こんばんは。
事務局の津田博史です。

先週末は市民マラソンの草分け的存在である
青梅マラソン(30キロ)を初めて走ってきました。

2月としては珍しい陽気に恵まれ、
折り返し近辺の山中は、まだ木々の装いは冬でしたが、
青梅市街は、紅白の梅が鮮やかでした。

私自身のレースは前半、うまく設定したペースで走れず、
後半もペースアップができずに、かなりイマイチでした。

年明けから、朝起きて走るという習慣が減衰しており、
継続的に走る、という日々の力の蓄えが不足していると、
如実に結果にでるな、と体感した週末でした。

さて、経営者会報ブログのコメント達人をご紹介する、
第3回は、“近江牛.com”のサカエヤ社長、新保吉伸さんです。

ご自身のブログでは、美味しいもののご紹介記事が多いですが、
関西系?のお知り合いの経営者ブロガーの方々の記事に
寄せられるコメントには、
ちょっと強面な外見とは裏腹に(新保さん、ごめんなさい!!)、
手短な言葉に、誠実で懐深いお人柄と、
ご自身の経験が滲み出ているように感じます。

今回引用させていただくのは、
“ガマセイ”こと精密加工の蒲郡製作所の伊藤智啓社長への
このコメントです。

「先日、伊藤さんの講演をお聞きになられた方と
たまたまご一緒でして、こんなことをおっしゃられていました。
(以下、“こんなこと”の部分は省略)
かなり割愛していますが、大切なのは『気持ち』ですね。
 また一杯やりましょう^^」

 http://gamasei.keikai.topblog.jp/blog/10013111.html#10010666

省略した“こんなこと”の部分が、
コメントとしては、肝なのですが、
伊藤さんの、非常に厳しい経営環境のなかでも
成長のために前を向こう、感謝の言葉を忘れないようにしよう、
という記事と相俟って、
これからの未来にもたらす力を想像することで、
明るい気分になれます。

多くの経営者会報ブロガーのみなさんが書かれていますが、
日々是感謝、で、蓄えられる力、が確かにありますね。

今週も失礼いたしました。
来週もよろしくお願いいたします。

                                   (事務局 津田博史)


========◆「経営者会報ブログ」関連URL◆========

   ▼「経営者会報ブログ」TOP▼
    http://gate.keikai.topblog.jp/
   ▽事務局ブログ▽
    http://office.keikai.topblog.jp/
   ▽編集部ブログ▽
    http://editors.keikai.topblog.jp/
   ▽テストマーケティング研究所▽
    http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html
   ▽会員お問合わせフォーム▽
    https://form.topblog.jp/otoiawase/index.php

===========================================

2009年02月13日(金)更新

コムMAGA vol.145

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  情報発信する経営者をサポートするメルマガ
 ────────────────────────────
         経営者会報ブログ COMM-unicative MAGA-zine vol.145
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  http://gate.keikai.topblog.jp/


【ソフトタッチなコミュニケーション】

みなさん、こんにちは。
経営者会報ブログ編集部の大西です。

先週もご案内しましたが、弊社商品のプロモーションのためにブログを書い
ています。

※よろしければ、『君に贈る最後の手紙』特設ブログをご笑覧ください。
 http://njg.blogzine.jp/letter/

自分でやってみると、本当に難しいです。「一応、出版社員だし、編集者で
もあるし、うまく書きたいなあ」とプレッシャーがかかってしまい、目標の
毎日更新がおぼつきません。

改めて、経営者会報ブロガーのみなさまへの尊敬の念が深くなりました。

どう書いたら、うまくコミュニケーションが取れて、キャラも立ち、しかも
自社商品のPRになるのか。そう考えていたら、とてもいい情報を見つけま
した。

当ブログの会員でいらっしゃるアイ・コミュニケーションの平野友朗さん(メ
ルマガコンサルタント)が、アドバイザリ・ボードでおなじみの石原明さん
主催の勉強会で講演された、というレポートです。ぜひ、下記URLよりアクセス
なさってください。
 http://www.ishihara-akira.com/club/0901_report.htm

講演の内容をかいつまんで説明しますと、ネット上の情報発信(コミュニケ
ーション)はとても繊細なものであり、文章や画像、プロフィールの出し方
一つで、自分に対する印象は大きく変わる。また、ソフトタッチなコミュニ
ケーションがお客様に好印象を与え、ビジネス上の成功に結びつく、といっ
たことが具体的に紹介されています。

この「ソフトタッチ」というキーワードに私は惹かれました。

かねてより平野さんは、短期的な売上げを追って読み手を煽る文章を書くよ
うな「(エセ)情報起業家」とは一線を画し、まっとうなビジネスをしている
起業家やプロフェッショナルの応援がしたい、とおっしゃっています。

平野さんのメルマガを読むと、ご自身がきわめてまっとうなコンサルタント
であることが伝わってきます。

ソフトタッチな文体で、まるで自分に話しかけられているような印象を受け
ます。まさに、「ストレスフリー」な文章です。煽るような表現は一切ありま
せん。むしろ、読むごとに信頼感が増す構成になっています。

※平野さんが週2回配信されている「メルマガ成功法~メルマガコンサルタン
トの稼ぐ思考」は、下記URLよりご覧になれます。
 http://archive.mag2.com/0000115344/index.html

企業の代表として情報発信する私のようなPRマンにも、「信頼」が強く求め
られる時代。会員のみなさまの表現力をお手本にしながら、ブログ修行をもう
少し続けるつもりです。

これより、「経営者会報ブログ」コム第145号をお届けいたします。


=================◇INDEX◇===================

 <編集部からのお知らせ>
 (1)【明大生との毎週一問百答】
     質問第134弾は、「新社会人になるにあたって」
 (2)今週の“ブログ PICK UP”
    【コクホーの庄山悟さん】
 (3)今月のお題
    「社員の“戦闘力”を上げるには」
 (4)今週のお題
    「ブログを書き続けられるコツは?」
 (5)編集記者・酒井の
    「こんな社長さんに会ってきました!」
 (6)経営者会報アーカイブ

 <事務局からのお知らせ>
 (7)連載・事務局Present's
    経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第90回‥∵‥∵‥∵‥∵
    ウケる芸、受け・止める力 (2) マンネリにならない気持ち。
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  編集部からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【明大生との毎週一問百答】
│1│  質問第134弾は、「新社会人になるにあたって」
└─┘────────────────────────────────────────────

毎週、経営者ブロガーのみなさまにご協力をいただいている【明大生との毎
週一問百答】は、「経営者会報ブログ」プロデューサー・久米信行さんの明治
大学商学部講義「ベンチャービジネス論(前期)/起業プランニング論(後期)」
とのコラボ企画です。

※久米さんの講義ブログはこちらから。
  └→ http://blog.canpan.info/meiji_venture/

当コーナーでは、主に大学3・4年生から寄せられた質問を紹介していますが、
近年はその年代が「卒業旅行」に感じる価値が低下し、今では約4割が「行か
ない」とアンケートに回答しているそうです。
(私もそうした旅行には行かなかったクチですが、約7年前はかなりの少数派で
した)

理由として、「行っても行かなくても、特に意味のないイベントだと思う」、
「お金がもったいない。今後の人生で役立つもの・実用的なもの(物・資格・
技術など)に使いたい」
などが挙げられており、旅行業界が頭を抱えているとも聞きます。

さて、そんな堅実な世代から投げかけられた、第134弾となる質問をご紹介
します。

<質問>──────────────────

 2009年3月に卒業します。
 社会人直前の私に、働きはじめるうえでの
 アドバイスや叱咤激励をいただけないでしょうか?
        (明治大学商学部 高橋正和さん)

──────────────────────

▼質問内容の詳細はこちら▼
 http://editors.keikai.topblog.jp/blog/g/10012986.html

2月12日(木) 17時現在で、5人の方が回答を寄せてくださっています。

▼井寄事務所 井寄代表▼
 http://iyori.keikai.topblog.jp/blog/102/10012993.html

▼三和メッキ工業 清水専務▼
 http://sanwa.keikai.topblog.jp/blog/10013000.html

▼教育基礎研究所 中川社長▼
 http://kisoken.keikai.topblog.jp/blog/10013002.html

▼コクホー 庄山社長▼
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/102/10013007.html

▼京都工芸 寺田社長▼
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/b/10013065.html

その中から、PCが復活してすぐに回答してくださいました
三和メッキ工業・清水専務の記事をご紹介しましょう。

         -●-          -●-

まずは・・・経験値を積みましょう!!
なんでもかんでもトライしてみることです。
先輩や上司から言われたことは、まず実践してみる。
そしてそれを自分なりに解釈して変化させていくことが大事だと思います。

仕事を待っているよりも「己から仕事を探し出す」行為も重要です。

失敗するのは当たり前ですので、それは恐れてはいけません。
恐怖を持っているから人間なのです。
恐怖を持っていない人間なんていないのです。

どんどん失敗をして経験値を積んでください。

そして一番大事なのが・・・「楽しむこと」でございます。

 *      *      *

清水専務は一番大事なものとして「楽しむこと」を挙げておられます。
会社で過ごす年月は、小学校から大学までの約15年という学生期間の倍以
上にあたるので、第一の要素として「まず、楽しんで仕事ができる」ことが
挙げられるのでしょう。

たしかに、収入や社会的ステータスは高いに越したことはありませんが、肝
心の仕事内容がつまらないと感じるようでは、続けていくのが難しいかもし
れません。

また、清水専務はまずトライして、さらに「己から仕事を探し出す」必要性
を説いておられます。

失敗はして当たり前。問題はそこからどう次につなげていくのか、これは高
橋さんをはじめとする新社会人だけではなく、常に新しいチャレンジを求め
られる全社会人に向けたエールに思えてなりません。


本企画は明大生以外の学生さんはもちろん、一般の方からの質問も大歓迎です。
「現役経営者に、ぜひこれを聞いてみたい!」
というテーマがありましたら、下記のメールアドレスまでご一報ください。

〔送信先〕→ blog@njg.co.jp

みなさま、何とぞよろしくお願い致します!

                                  (編集部・大久保陵滋)


┌─┐
│2│ 今週の“ブログ PICK UP”
└─┘────────────────────────────────────────────

このコーナーでは、日々、経営者のみなさんの書かれたブログを雑誌「月刊
経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。

今回のお薦めブログは、コクホーの庄山悟さんです。「今週のお題」にお答え
くださっています。
 
 *      *      *

ブログを書くには“ネタ”が要るが、その“ネタ”が枯渇して続かない・・・
あるいは、書こうとしている“ネタ”が、公開に値するものなのか考えると
ついつい書く気が起こらない・・・
 
そんな風に言う方がよくおられますが
個人情報を侵害したり特定の方を不快にさせたりしない常識的な範囲内では
基本的には“コレを書いたらイカン”という縛りが無いのがブログの良い点
でそんなに堅苦しく考えず、日常の些細な事をきっかけに話を膨らませれば
普通に生活していれば“ネタ”に枯渇することなど滅多にありません。
 
■続きはこちら >>>
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/110/10013072.html

■コクホー ホームページはこちら >>>
 http://www.kokuho.co.jp/

 *      *      *

錚々たる経営者会報ブロガーのなかでも、多くの文体・トーン、さらに“品”
までも自在に操っておられ、まさに無限の引き出しをおもちなのが、庄山さ
んです。
 
いったいどのようにして日々、書かれているのか、その秘訣の一端を、お題
に答えて明かしてくださいました。新しく参加された方にとっても、非常に
参考度が高いのではないかと思い、ピックアップさせていただいた次第です。
 
庄山さんのおっしゃる「ヒト、モノ、コトに好奇心旺盛で、四六時中、多感
でいること」は、ブログの話を飛び越えて、人生を心豊かに過ごすコツであ
ると同時に、経営者としても、不可欠な要素であるように思われます。

そう考えると、庄山さんのように、胸を張れる経営をしている方、経営とい
う激務に楽しみながら(ご苦労は多いことと存じますが)取り組める方なら、
自ずとブログも続くといえるのかもしれません。
 
庄山さん、ありがとうございました!
 
ほかにも三元ラセン管工業の高嶋博さん、蒲郡製作所の伊藤智啓さんが、ご
寄稿くださっています。ありがとうございました!

■伊藤智啓さんのブログ >>>
 http://gamasei.keikai.topblog.jp/blog/10013094.html

■高嶋博さんのブログ >>>
 http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog/a/10013051.html

なお、このお題、今週も掲げさせていただきます。どうか、他の会員のみな
さまもご寄稿ください!
 
                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│3│ 今月のお題 (1月23日~2月19日)
└─┘────────────────────────────────────────────

【社員の“戦闘力”を上げるには】

戦略・戦術、商品などで差別化がはかりにくい時代だといわれます。ではど
こで差がつくのかというと、「人」だとおっしゃる識者、経営者は少なくあり
ません。それは、いわば個々の社員の現場での「戦闘能力」の差といえます。
 
いちいち上司の判断を仰がずに自分の意思で対応でき、会社全体の利益を考
えながら動ける、そんな社員を育てるために、トップはなにをすべきか、ど
のような姿勢で部下指導にあたるべきなのか、ご意見・お考えを綴っていた
だけたら幸いです。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│4│ 今週のお題(2月6日~12日)のお題
└─┘────────────────────────────────────────────

【ブログを書き続けられるコツは?】

おかげさまで最近、新しい会員の方が増えています。新たなメンバーの方々
のご参考に供するために、以前にもお聞きしたことがありますが、会員のみ
なさまには改めて、なぜご自身は、ブログを書き続けることができているの
か、過去の試行錯誤を含めて、綴っていただきたいと思います。ご協力いた
だけたら幸いです。
 
新規ご入会のかただけでなく、ブログに興味はあるけど躊躇しているという
メルマガ読者の方にとっても、大いにご参考になることと思います。 

 *「今週のお題」「今月のお題」について、ブログでお書きになった方は、
お手数ですが、編集部ブログの「今週のお題」「今月のお題」のそれぞれ最新
記事にトラックバック下さるか、コメントで「○月○日の記事で書きました」
とお知らせ下さいますよう、お願い致します。できましたら、他の読者の方が
すぐジャンプできますので、トラックバックを貼って下さい。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│5│ 編集記者・酒井の「こんな社長さんに会ってきました!」
└─┘────────────────────────────────────────────

経営者会報編集部・酒井が社長さん・識者の方に取材させていただいた際に
感じたこと、感心したことなどを中心に綴っています。
 
 http://sakai.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│6│ 経営者会報アーカイブ
└─┘────────────────────────────────────────────

過去の経営者会報のアーカイブを更新しています。

・経営者が選んだ名言
 http://kotoba.keikai.topblog.jp/

・異能経営者がゆく!
 http://inou.keikai.topblog.jp/

・シリーズ告白
 http://kokuhaku.keikai.topblog.jp/

・経営者会報ブロガーのご紹介
 http://toujyou.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  事務局からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐  経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第90回 ‥∵‥∵‥∵‥
│7│  ウケる芸、受け・止める力 (2) マンネリにならない気持ち。
└─┘────────────────────────────────────────────

先週末、久しぶりにOver40のフットサル大会に参加しました。
GKやっているときに、自損事故?で、肩を痛めてしまい、、、
近所の整骨院で見てもらったら、
「過緊張による、微少な筋肉の断裂の可能性がありますね」とのこと。

要は、アップ不足ということらしいのです。

ラン20分、腿上げ、股関節ほぐし、ストレッチは、
それなりにちゃんとやったのですが、
上半身は確かにおろそかでした。。。

この歳になると何をやるにしても、
きちんと準備しないと、本当に痛い目みますね。

前置きが長くなりました。
経営者会報ブログにご縁のあるみなさま、こんばんは。
事務局の津田博史です。

経営者会報ブログを書き手としても、読者としても、
ファシリテーター的に支えるコメントの達人を、
ご紹介する第2回は、下町の莫大将こと、小高莫大小工業の小高集社長です。

取り上げさせていただくのは、東京彫刻工業株式会社の花輪社長の
この記事へのコメント。
 http://tocho.keikai.topblog.jp/blog/10013016.html

「原点は私たちの出会いかもしれませんね?(笑)
 なんちゃって!」

八戸の虎鯖の谷口板長とのやりとりも、見逃せませんが、
墨田の仲間の方に見せる、軽妙さに、
これまでのしがらみや現状を超えていこうとする
若大将の気概の一端を感じます。

そのうち、エリアを超えた交流が、巻き起こりそうで、
とても楽しみです。

今週も失礼いたしました。
来週もよろしくお願いいたします!

                                   (事務局 津田博史)


========◆「経営者会報ブログ」関連URL◆========

   ▼「経営者会報ブログ」TOP▼
    http://gate.keikai.topblog.jp/
   ▽事務局ブログ▽
    http://office.keikai.topblog.jp/
   ▽編集部ブログ▽
    http://editors.keikai.topblog.jp/
   ▽テストマーケティング研究所▽
    http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html
   ▽会員お問合わせフォーム▽
    https://form.topblog.jp/otoiawase/index.php

===========================================

2009年02月09日(月)更新

コムMAGA vol.144

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  情報発信する経営者をサポートするメルマガ
 ────────────────────────────
         経営者会報ブログ COMM-unicative MAGA-zine vol.144
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  http://gate.keikai.topblog.jp/


【ブログを始めて気づいたこと】

みなさん、こんにちは。
経営者会報ブログ編集部の大西です。

期間限定なのですが、先週からブログを始めました。

当ブログの会員のみなさまにはモニターのご協力をお願いしました弊社1月
新刊『君に贈る最後の手紙』の発売を記念して、特設ブログを開いたのです。
目的は、プロモーションです。

※よろしければ、『君に贈る最後の手紙』特設ブログをご笑覧ください。
 http://njg.blogzine.jp/letter/

本のプロモーションといいますと、著者ブログを起点としてコメントやトラ
ックバック機能を活用してネット上のプレゼンスを高め、認知度を高めるの
が流行になっています。

『君に贈る最後の手紙』に関しては翻訳書であるうえ、著者が故人であるこ
とから、出版社が主体となってブログを立ち上げよう、ということになりま
した。他薦もとくにありませんでしたが、PRを担当する部署のリーダーと
して、私が手を挙げるしかありません(笑)。

いざ、始めてみると、いまさら私が言ってはいけない言葉ですが、「楽しいけ
ど、難しい」です。

商品を売りたければ、まず情報発信すること。発信の主体がキャラを立てる
ことで、売りたい商品にも血が通い、消費者が親近感を抱く――。

すでに会員のみなさまが実践されていることですが、日常業務の合間を縫って
これを続けていくのが、けっこう難しいです。

ブログをすぐに、テレビのディレクターや新聞記者が見つけてくれるわけでは
ありません。同時並行で、プレスリリースを配信したり、献本したりと、あの
手この手を駆使しては、壁にぶつかったりします。

超多品種少量生産である出版業界では、書店での平積みも早いところで2週間
もすれば外されてしまいます。だから、時間との勝負です(ということで、期
間は決まっておりませんが、限定なのです)。

この数週間、PR関連の書籍もたくさん読みました。ようやく、会員のみなさ
まの気持ちがわかってきたような気がします(お恥ずかしい限りでございます)。

「ネット上で選ばれる自分になる。認められる」

久米信行さん明大講義の「キャッチコピー(理念)」を、呪文のように唱える
今日この頃です。

これより、「経営者会報ブログ」コム第144号をお届けいたします。


=================◇INDEX◇===================

 <編集部からのお知らせ>
 (1)【明大生との毎週一問百答】
     質問第133弾は、「学生の気質はどう変わったか」
 (2)今週の“ブログ PICK UP”
    【ジェイ・ポートの樋下茂さん】
 (3)今月のお題
    「社員の“戦闘力”を上げるには」
 (4)今週のお題
    「ブログを書き続けられるコツは?」
 (5)編集記者・酒井の
    「こんな社長さんに会ってきました!」
 (6)経営者会報アーカイブ

 <事務局からのお知らせ>
 (7)連載・事務局Present's
    経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第89回‥∵‥∵‥∵‥∵
    ウケる芸、受け・止める力 (1) 不景気、ですが。
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  編集部からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐ 【明大生との毎週一問百答】
│1│  質問第133弾は、「学生の気質はどう変わったか」
└─┘────────────────────────────────────────────

毎週、経営者ブロガーのみなさまにご協力をいただいている【明大生との毎
週一問百答】は、「経営者会報ブログ」プロデューサー・久米信行さんの明治
大学商学部講義「ベンチャービジネス論(前期)/起業プランニング論(後期)」
とのコラボ企画です。

※久米さんの講義ブログはこちらから。
  └→ http://blog.canpan.info/meiji_venture/
 
さて、先週の当メルマガにてアナウンスがありましたとおり、今回からナビ
ゲーターが大西より、私、大久保に交代いたしました。

メルマガではこのコーナー初登場となりますが、みなさまどうぞ、よろしく
お願い致します。

さっそく、大西が先週「編集部ブログ」でご案内した質問第133弾について、
ご紹介しましょう。お題をくださったのは、久米信行さん明大講義の門下生・
松尾英一さんです。

<質問>──────────────────
 
 経営者のみなさんから見て、みなさんの
 学生時代と、現在の大学生とは、
 どのような面が異なっていますか。
 「この能力は昔の学生のほうがすぐれていた」
 とか「この能力は今の学生のほうが長けている」
 といったものがあれば、教えてください。
      (明治大学商学部 松尾英一さん)

──────────────────────

▼質問内容の詳細はこちら▼
 http://editors.keikai.topblog.jp/blog/g/10012873.html

2月6日(金)20時の時点で、4名の方が回答を寄せてくださっています。

▼コクホー 庄山社長▼
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/126/10012906.html

▼井寄事務所 井寄代表▼
 http://iyori.keikai.topblog.jp/blog/100/10012912.html

▼京都工芸 寺田社長▼
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/10012928.html

▼小高莫大小工業 小高社長▼
 http://next30.keikai.topblog.jp/blog/114/10012930.html


その中から、バブル崩壊にともない就職氷河期が直撃した学生時代を振り返
って語ってくださった、小高莫大小工業・小高社長の記事から、一部を抜粋
してご紹介しましょう。

         -●-          -●-


私は1972年生まれ。いわゆる団塊ジュニア世代。中学、高校、大学と受
験戦争と言われた中で、ようやくたどりついた大学生活。世は、まさにバブ
ル絶頂期!

先輩たちは内定先から接待旅行で海外に連れて行ってもらったりと
バラ色の人生が待っているかに思われた・・・
思われた・・・ が!!!!

待っていたのは 大氷河期時代!

私と同期の女の子たちは短大と四年生大に進んだ子では就職先が大違いだっ
た。たった2年差が就活に大きく影響した世代でもある。

(以下略)

 *      *      *

アメリカに端を発した世界規模の不況により、「就職氷河期の再来か」とも言
われる昨今の就職市場です(ちなみに、私も氷河期の最後のほうに就職した世
代です)。

小高社長はそのような環境を乗り越えるために、こんなアドバイスを送って
います。

「乗り越えるキーポイントは、そんなデジタルだけの情報じゃない
デジタルとアナログの融合で生まれる新しい何か!」

テレビ報道やネット上で飛び交う情報だけを鵜呑みにしていたら、振り回され
るだけで何もつかめずに終わってしまう。

こんな厳しい不況の世の中でも、何かを成し遂げようとしている人を、自分で
実際に見聞きしたり、出会って交流することで、人とのつながりを作っていく。

経営者会報ブログも小高さんと一緒に、そうした「場」の一つになりたい。
そんな気持ちを大事にしつつ、「一問百答」のナビゲーターを務めたいと思い
ます。

本企画は明大生以外の学生さんはもちろん、一般の方からの質問も大歓迎です。

「現役経営者に、ぜひこれを聞いてみたい!」
というテーマがありましたら、下記のメールアドレスまでご一報ください。

〔送信先〕→ blog@njg.co.jp

みなさま、何とぞよろしくお願い致します!

                                  (編集部・大久保陵滋)


┌─┐
│2│ 今週の“ブログ PICK UP”
└─┘────────────────────────────────────────────

このコーナーでは、日々、経営者のみなさんの書かれたブログを雑誌「月刊
経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。

今回のお薦めブログは、新たにご参加くださったジェイ・ポートの樋下茂さんです。
 
 *      *      *

昨日は後厄厄除け祈願で岩清水八幡宮へ妻と行ってまいりました

今年で3回目ですが、いつ行っても思うのがこの岩清水八幡宮さんは満員で
なかなか入れないんです

そしてご祈祷もして頂きましたが、
30分~1時間の間に200人はくだらない人々が境内に入り、
一体一日何人をご祈祷されているのか?
それもほとんど厄除けの方が多く感心させられます

■続きはこちら >>>
 http://j-port.keikai.topblog.jp/blog/10012939.html
■株式会社ジェイ・ポート ホームページはこちら >>>
 http://www.j-port.co.jp/

 *      *      *

樋下さんは、この経営者会報ブログのスタート時からの会員さんである、三
元ラセン管工業の高嶋博社長のお誘いで、ご参加くださいました。
 
この三年あまり、経営者会報ブログで、会員のみなさまの縁者のかたにご参加
いただいた経験から、私は、「よき人が懇意にしているかたは必ずよき人である」と
確信しております。

樋下さんが真摯なお人柄で、事業に対する情熱をおもちで、しかも多趣味で
幅の広い方だということが、すでにお書きになったブログから、ビンビンと
伝わってきます。
 
樋下さんのブログ、まだの方はぜひ、ご訪問くださいますよう、お願い致します。
 
樋下さん、今後のご寄稿を楽しみにしております! これからもどうぞ、
よろしくお願い申し上げます。
 
                                   (編集部・酒井俊宏)
     


┌─┐
│3│ 今月のお題 (1月23日~2月19日)
└─┘────────────────────────────────────────────

【社員の“戦闘力”を上げるには】

戦略・戦術、商品などで差別化がはかりにくい時代だといわれます。ではど
こで差がつくのかというと、「人」だとおっしゃる識者、経営者は少なくあり
ません。それは、いわば個々の社員の現場での「戦闘能力」の差といえます。
 
いちいち上司の判断を仰がずに自分の意思で対応でき、会社全体の利益を考
えながら動ける、そんな社員を育てるために、トップはなにをすべきか、ど
のような姿勢で部下指導にあたるべきなのか、ご意見・お考えを綴っていた
だけたら幸いです。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│4│ 今週のお題(2月6日~12日)のお題
└─┘────────────────────────────────────────────

【ブログを書き続けられるコツは?】

おかげさまで最近、新しい会員の方が増えています。新たなメンバーの方々
のご参考に供するために、以前にもお聞きしたことがありますが、会員のみ
なさまには改めて、なぜご自身は、ブログを書き続けることができているの
か、過去の試行錯誤を含めて、綴っていただきたいと思います。ご協力いた
だけたら幸いです。
 
新規ご入会のかただけでなく、ブログに興味はあるけど躊躇しているという
メルマガ読者の方にとっても、大いにご参考になることと思います。 

 *「今週のお題」「今月のお題」について、ブログでお書きになった方は、
お手数ですが、編集部ブログの「今週のお題」「今月のお題」のそれぞれ最新
記事にトラックバック下さるか、コメントで「○月○日の記事で書きました」
とお知らせ下さいますよう、お願い致します。できましたら、他の読者の方が
すぐジャンプできますので、トラックバックを貼って下さい。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│5│ 編集記者・酒井の「こんな社長さんに会ってきました!」
└─┘────────────────────────────────────────────

経営者会報編集部・酒井が社長さん・識者のかたに取材させていただいた際
に感じたこと、感心したことなどを中心に綴っています。
 
 http://sakai.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│6│ 経営者会報アーカイブ
└─┘────────────────────────────────────────────

過去の経営者会報のアーカイブを更新しています。

・経営者が選んだ名言
 http://kotoba.keikai.topblog.jp/

・異能経営者がゆく!
 http://inou.keikai.topblog.jp/

・シリーズ告白
 http://kokuhaku.keikai.topblog.jp/

・経営者会報ブロガーのご紹介
 http://toujyou.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  事務局からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐  経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第89回 ‥∵‥∵‥∵‥
│7│  ウケる芸、受け・止める力 (1) 不景気、ですが。
└─┘────────────────────────────────────────────

先週末はプライベートで函館にいたせいなのか、
東京の如月はぬくく感じる、ランニングに起きられない朝です。

経営者会報ブログにご縁のあるみなさま、こんにちは。
事務局の津田博史です。

結局、1月のラン距離はかろうじて100キロでした。。。
いろいろなものが足りません。

さて、今回からは、経営者ブログという「場」を
支えている信頼感を、温度として 体感させてくれている、
コメントの達人をご紹介してまいります。

本当の正念場を見たことがないかもしれない、
私がいうのもおこがましいですが、
この「経営者会報ブログ」という場を
支えてくださっているのは、
ブログ記事を投稿してくださっている会員のみなさまと、
それを愛読してくださっている読者のみなさまであることは、
間違いがありません。

そして、何よりの愛読者は、経営者会報ブロガーのみなさま自身です。

同じように、孤独を抱える人たちが、自分のことを、見てくれている。
厳しく、温かく、見守ってくれている。

だからこそ、恥ずかしいことは書けないし、
(たまに、書いてみたいという衝動を抑えられないときもあるかとは、
思いますが、、、笑)
抱えきれない寂しさがつい滲み出てしまうことも、ある。

だからこそ、ちゃんと、商売のことも、 損得も、
多少は抜きにしても、正直に、書ける。

有難い、話です。

さて、前置きが長くなりましたが、シリーズ第1回は、
“いよりん”こと、社会保険労務士兼経営者会報ブロガー井寄奈美さんの、
三元ラセン管工業・高嶋社長の2月4日の記事への、このコメントです。

「高嶋さん、おつかれさまです!
 夕方のブログはめずらしいですね!」

http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog/a/10012988.html

世の中、不景気という新聞記事は多いですが、
高嶋社長によれば、
「この不況で出展社に逆の売り込みか、何か商売になる商材探しか、
今まで大阪での展示会ではこれほどの入場者が有っただろうかと思うほど
多くの来場者でした。」

大阪は、熱い、ようです。

さて、ほかのところは大丈夫でしょうか!?

今週も失礼いたしました。
また来週もよろしくお願いいたします。

                                   (事務局 津田博史)


========◆「経営者会報ブログ」関連URL◆========

   ▼「経営者会報ブログ」TOP▼
    http://gate.keikai.topblog.jp/
   ▽事務局ブログ▽
    http://office.keikai.topblog.jp/
   ▽編集部ブログ▽
    http://editors.keikai.topblog.jp/
   ▽テストマーケティング研究所▽
    http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html
   ▽会員お問合わせフォーム▽
    https://form.topblog.jp/otoiawase/index.php

===========================================

2009年01月30日(金)更新

コムMAGA vol.143

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  情報発信する経営者をサポートするメルマガ
 ────────────────────────────
         経営者会報ブログ COMM-unicative MAGA-zine vol.143
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  http://gate.keikai.topblog.jp/


【「一問百答」のナビゲーターを交代します】

みなさん、こんにちは。
経営者会報ブログ編集部の大西です。

今日更新した「編集部ブログ」でもご報告したのですが、【明大生との毎週一
問百答】のナビゲーターを交代します。

3年近く担当させていただいた私から、事務局の大久保が引き継ぐこと
になりました。

久米信行さんの明大講義も3期目を終えたこともありまして、いい区切りか
な、と判断した次第です。

振り返りますとこの「一問百答」は、私の思いつきから始まった企画です。
当ブログの立ち上げと時を同じくして、久米さんが明治大学商学部でブログ
起業論の講座を受け持つことになり、「何かコラボができないか」というご提
案をいただきました。

とっさに思いついたのが、「子ども電話相談室」のネットバージョンを、経営
者vs学生でやってみよう、ということだったのです。

同時並行で大学の講義も聴講しました。20年ぶりのにわか学生はとても楽し
く、また、いまどきの若者がどんな雰囲気なのかも肌で感じることができま
した。

そして、久米さんの学生さんへの絶妙な指導ぶりに感動した私と若手編集者
佐藤聖一の意見が一致し、指導のノウハウをそのまま本にした『考えすぎて
動けない人のための「すぐやる!」技術』が、10万部のベストセラーに結実
しました。

書籍の編集を始めて20年目になる私は、「一問百答」と『すぐやる! 技術』
のヒットを通じて、読者目線にたった企画立案がいかに重要か、身を持って
知ることができました。

改めて、御礼を申し上げます。本当にありがとうございました!

来週からナビゲーターとなる大久保のことも、これまで同様、ご指導・ご鞭撻を
賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

これより、「経営者会報ブログ」コム第143号をお届けいたします。


=================◇INDEX◇===================

 <編集部からのお知らせ>
 (1)【明大生との毎週一問百答】
     質問第132弾は、「成長を実感するとき」とは
 (2)今週の“ブログ PICK UP”
    【治部電機の治部健さん】
 (3)今月のお題
    「社員の“戦闘力”を上げるには」
 (4)今週のお題
    「本当に『100年に一度』の不況でしょうか?」
 (5)編集記者・酒井の
    「こんな社長さんに会ってきました!」
 (6)経営者会報アーカイブ

 <事務局からのお知らせ>
 (7)連載・事務局Present's
    経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第88回‥∵‥∵‥∵‥∵
    つないでゆくもの (4) 叫ぶ魂

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  編集部からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐ 【明大生との毎週一問百答】
│1│  質問第132弾は、「成長を実感するとき」とは
└─┘────────────────────────────────────────────

毎週、経営者ブロガーのみなさまにご協力をいただいている【明大生との毎
週一問百答】は、「経営者会報ブログ」プロデューサー・久米信行さんの明治
大学商学部講義「ベンチャービジネス論(前期)/起業プランニング論(後期)」
とのコラボ企画です。

※久米さんの講義ブログはこちらから。
  └→ http://blog.canpan.info/meiji_venture/
 
3期目となる久米さんの講義は、1月15日(木)をもって終了しました。今期は
『考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術』や『君を幸せにする
会社』など、弊社の本にまつわるイベントを多数開催させていただきました。
とても、思い出深い1年になりました。

最終講義で、またまた質問をたくさん仕入れてきました。今回は、学生さん
らしい「成長」という言葉がテーマになっています。

<質問>────────────────────

 経営者として、「いま、成長している」
 と思うときって、どんなときでしょうか。
          (明治大学商学部松井翔さん)
          
 ───────────────────────
 
▼質問内容の詳細はこちら▼
 http://editors.keikai.topblog.jp/blog/g/10012728.html

1月29日(木)18時現在で、お二人の方が回答を寄せてくださりました。
東西の“カラオケ自慢の社長さん”が顔をそろえた形です。

▼コクホー 庄山社長▼
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/102/10012746.html

▼小高莫大小工業 小高社長▼
 http://next30.keikai.topblog.jp/blog/102/10012775.html

その中から、「本質侠気」と題して、いつも以上に熱い回答を寄せてくださっ
たコクホー庄山社長のブログから、一部を抜粋してご紹介しましょう。

         -●-          -●-

硬度のある“毅然たる決断”の重要性に今更ながらですが気付かせてくれた
“百年に一度の世界的経済危機”?の今が成長のチャンスかとも捉えています。

一概に侠気といっても、弱者を救う心・・・つまり男気質ばかりではなく例
えば、その人が属す組織・部署を立て直すがためにする重い決断勇気の要る
判断など、表面的な優しさより “本質侠気” を持ち合わせることがこれ
からの時代には特に肝要だと思うのです。

毎日のように繰り返される“喰うか喰われるか”の瀬戸際も当然の原理でも
あり自分たちが喰われる前に、先に相手を崖から突き落としてでも生き残る
という“守るべきを守る侠気” として発動するその非情な手段が非常手段
ではあっても・・・(以下、略)

 *      *      *

庄山社長までのレベルにはとてもいきませんが、先が見えない不況の中で、
私も似て非なることを感じています。

表面的な優しさや、仲良しクラブのようなポピュリズムを唱えながら、一
緒に沈んでいくなら、真っ平御免蒙りたい。

中間管理職の私は、こう考えてしまうのですが、牽引車であり逃げ場がない
社長さんは、「御免蒙りたい」では済みません。

「この船は絶対に沈ませてはいかん。そのための責任は、すべて俺が取る!」
という気迫が、湯気が、ブログ全体から伝わってきました。

腹の底からの叫び声が聞こえるような気がして、思わず背筋を伸ばして読み
入ってしまいました。

庄山さん、いつも照れながら、茶化しながらも、質問に対して真摯にお答え
くださり、本当に感謝しています!

本企画は明大生以外の学生さんはもちろん、一般の方からの質問も大歓迎です。

「現役経営者に、ぜひこれを聞いてみたい!」
というテーマがありましたら、下記のメールアドレスまでご一報ください。

〔送信先〕→ blog@njg.co.jp

みなさま、何とぞよろしくお願い致します!

                                   (編集部・大西啓之)


┌─┐
│2│ 今週の“ブログ PICK UP”
└─┘────────────────────────────────────────────

このコーナーでは、日々、経営者のみなさんの書かれたブログを雑誌「月刊
経営者会報」編集部員が拝見し、お薦めのブログをご紹介していきます。

今回のお薦めブログは治部電機の治部健さんです。先週の金曜日に開かれた
テストマーケティング研究所MTGについて綴ってくださっています。
 
 *      *      *

先週末行われたテストマーケティングに参加しました。
皆さんが早速投稿されている中、独りゆっくりと揚げるのをお許しください。

■続きはこちら >>>
 http://jibu.keikai.topblog.jp/blog/106/10012854.html

■治部電機株式会社 ホームページはこちら >>>
http://www.jibu.co.jp/

 *      *      *

今回で第8回目を迎えたテストマーケティング研究所MTG。
 
レーザーテック社長・浜野太郎さんから新事業「レーザーマーキング」をテ
ーマとして提出していただき、同社のオフィスの会議室も会場としてご提供
いただきました。

■テストマーケティング研究所 趣旨はこちら >>>
 http://mar-labo.keikai.topblog.jp/blog/b/10008231.html

■過去のテストマーケティング研究所MTG こちら >>>
 http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html

参加者は会員さん、縁者のかた、レーザーテックさんサイド、事務局を含め
総勢17名。それぞれ、ご自身の体験、考えをもとにしたオリジナリティあふ
れるご意見が活発に交わされました。異業種のかたがたの忌憚のないご意見
に、浜野さんも、ひらめきを得られたとおっしゃっていました。
 
一方で、この場は、オフ会ほどオフィシャルでない、会員のみなさま同士の
親睦を深める場でもあります。新規に入会されたかたも増えていますが、ど
んなメンバーが会員になっておられるのか、気になることと思います。

この治部さんのブログは、会員さんの素顔、キャラクターが非常によく描写
されている(私に関する記述だけ、褒めすぎですが…)と思いましたので、
ピックアップさせていただいた次第です。
 
そのほか、ご提案者の浜野さんはじめ、多くのかたがご自身のブログでその
模様を綴っておられます。どうぞご覧ください。
 
ご参加くださったみなさま、おかげさまでこのたびも盛況となりました。あ
りがとうございました!
 
■レーザーテック・浜野さん >>>
 http://lasertech.keikai.topblog.jp/blog/a/10012777.html
 http://lasertech.keikai.topblog.jp/blog/a/10012816.html
 http://lasertech.keikai.topblog.jp/blog/a/10012820.html

■井寄事務所・井寄奈美さん >>>
 http://iyori.keikai.topblog.jp/blog/100/10012782.html

■京都工芸・寺田元さん >>>
 http://makasetaro.keikai.topblog.jp/blog/100/10012774.html

■コクホー・庄山悟さん >>>
 http://kabankokuho.keikai.topblog.jp/blog/100/10012812.html

■枚岡合金工具・古芝保治さん >>>
 http://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog/103/10012781.html

私も書いています。>>>
 http://sakai.keikai.topblog.jp/blog/100/10012815.html

                                   (編集部・酒井俊宏)
              


┌─┐
│3│ 今月のお題 (1月23日~2月19日)
└─┘────────────────────────────────────────────

【社員の“戦闘力”を上げるには】

戦略・戦術、商品などで差別化がはかりにくい時代だといわれます。ではど
こで差がつくのかというと、「人」だとおっしゃる識者、経営者は少なくあり
ません。それは、いわば個々の社員の現場での「戦闘能力」の差といえます。
 
いちいち上司の判断を仰がずに自分の意思で対応でき、会社全体の利益を考
えながら動ける、そんな社員を育てるために、トップはなにをすべきか、ど
のような姿勢で部下指導にあたるべきなのか、ご意見・お考えを綴っていた
だけたら幸いです。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│4│ 今週のお題(1月29日~2月6日)のお題
└─┘────────────────────────────────────────────

【本当に「100年に一度」の不況でしょうか?】

身を置く業界によって、受け止め方は様々かと存じます。
「未曾有の」とか「100年に一度」などの文言が、一国の首相からも、メデ
ィアでも取り沙汰されていますが、みなさまの実感はいかがでしょう。
 
自社のこととしてはお書きになりにくい面もあると思いますので、あくまで
業界の趨勢、あるいは周囲の経営者仲間の反応といったことでけっこうです。

現実の景況はどうなのか。会員さん同士、そして多くのみなさまブログの読
者にとっても、参考になることと思います。どうかブログで綴ってみてくだ
さい。

 *「今週のお題」「今月のお題」について、ブログでお書きになった方は、
お手数ですが、編集部ブログの「今週のお題」「今月のお題」のそれぞれ最新
記事にトラックバック下さるか、コメントで「○月○日の記事で書きました」
とお知らせ下さいますよう、お願い致します。できましたら、他の読者の方が
すぐジャンプできますので、トラックバックを貼って下さい。

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│5│ 編集記者・酒井の「こんな社長さんに会ってきました!」
└─┘────────────────────────────────────────────

経営者会報編集部・酒井が社長さん・識者のかたに取材させていただいた際
に感じたこと、感心したことなどを中心に綴っています。
 
 http://sakai.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


┌─┐
│6│ 経営者会報アーカイブ
└─┘────────────────────────────────────────────

過去の経営者会報のアーカイブを更新しています。

・経営者が選んだ名言
 http://kotoba.keikai.topblog.jp/

・異能経営者がゆく!
 http://inou.keikai.topblog.jp/

・シリーズ告白
 http://kokuhaku.keikai.topblog.jp/

・経営者会報ブロガーのご紹介
 http://toujyou.keikai.topblog.jp/

                                   (編集部・酒井俊宏)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆◆  事務局からのお知らせ  ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌─┐  経営者会報ブログ道の「寄り道茶庵」 第88回 ‥∵‥∵‥∵‥
│7│  つないでゆくもの (4) 叫ぶ魂
└─┘────────────────────────────────────────────

慌しい時には、日々心を新しくするための呼吸装置の働きが、
鈍くなるなぁ、と思う、1月末です。

経営者会報ブログにご縁のあるみなさま、こんばんは。
事務局の津田博史です。

先週は、力及ばず、休載となり、大変失礼いたしました。
大西編集長の太い懐に飛び込むまでもいたりませんでした。
レーザーテック浜野社長の「まーラボ」にも、、参加できず、
自分のタイムマネジメント根性の無さを反省しております。

さて、前置きが長くなりましたが、今回はシリーズ最終回。
(一応、シリーズはいつも3回から4回でワンセットと考えてます[苦笑])

1月4日のNHK「ようこそ先輩、課外授業」は長渕剛さんが、
母校の鹿児島南高校を自転車で訪れるところから始まりました。

器用さやこずるさとは無縁な、
ただ、現在の自分にできることは何か、を
等身大の自分で問いかける長淵さんに、
感化されるように、反応し始める現代の高校生たち。

何気なく見始めたのですが、編集された54分の映像を
テレビの画面から見ているだけでも、ずいいっっと、
高校生たちの魂が叫び始める、空気の変化を肌で感じるように
引き込まれていきました。

次の世代に渡すものを伝えるために、
現在の自分の中に、心から叫べる熱が残っているか。

カタチやモノではなく、まずの自分の、
このタマシイを磨くことから、
始めないと、次につなぐものなど、
産まれるはずもない、と。

そして、1か月もたたないうちに、去年までと変わらない自分。。。
いいのか、それで。

今週も失礼いたしました。
来週もよろしくお願いいたします。

                                   (事務局 津田博史)


========◆「経営者会報ブログ」関連URL◆========

   ▼「経営者会報ブログ」TOP▼
    http://gate.keikai.topblog.jp/
   ▽事務局ブログ▽
    http://office.keikai.topblog.jp/
   ▽編集部ブログ▽
    http://editors.keikai.topblog.jp/
   ▽テストマーケティング研究所▽
    http://mar-labo.keikai.topblog.jp/index.html
   ▽会員お問合わせフォーム▽
    https://form.topblog.jp/otoiawase/index.php

===========================================
«前へ 次へ»